ホーム > 部位・症状別お悩みメニュー

部位・症状別お悩みメニュー

首(頸部)・肩の痛み

首(頸部)・肩の痛み 首(頸部)・肩の痛み

ストレスなどが原因の筋緊張によるものがほとんどですが、頚椎症、加齢による骨棘、椎間板の狭小化、などで起こる場合もあります。

治療の基本は「手技」。疼痛緩和、血流促進。また、症状によって鍼灸電気治療機器 なども使います。
筋力低下、痛み(疼痛)、しびれ、など習慣化しがちなので、日常生活、仕事、スポーツなどさまざまな環境因子を考慮して、筋力回復、柔軟性の向上などを図りながら治療にあたります。

症状で多いのは「フローズンショルダー」いわゆる五十肩。軽く見られがちですが、実際には肩に関わる疾患は難しいものです。
一口に五十肩といっても実際にはいろいろ。可動域改善と同時に痛みを取る手技を中心に治療を行いますが、痛みが強い場合はハリや特電気治療器も使います。

膝の痛み

膝の痛み 膝の痛み

膝の故障では、変形性の関節症の症例が最も多いもの。日常生活で、動き出しが痛い、立ち上がりが痛い、とかの症状がよく見受けられます。
そのため、旅行にいくのが怖い、普段は歩けるが、ふとしたときに痛くなるのではと、患者様にはいつも不安な気持ちは拭えません。

膝は体重の10倍ほどの負荷がかかります。
骨の狭小化や劣化、変形などが出て、肥満、運動不足による筋力低下、柔軟性の不足、環境因子では立ち仕事、重い荷物、負荷を加える行為など、膝に負荷がかかる人ほど膝が悪くなります。
症状でいえば、膝の内反によるO脚も生じがちです。

浜松市のタスク鍼灸接骨院・整体院では、そのような状態にならない内に、早い段階から患者様に、手技・SD療法・運動療法・皮内鍼(皮膚に貼る短い鍼)・ホームエクササイズなどを組み合わせ、予防にも力を入れています。

頭痛・めまい

頭痛・めまい 頭痛・めまい

対症療法的なものでなく根治を目指すのであればストレッチやホームエクササイズほか、運動療法的なものも含めて治療に臨みます。
取り急ぎ痛みやめまいが取れれば良いという急性期的な対応と、併せて症状が出にくい身体を作りたい方には、運動療法のプログラムを個別に作ります。

多い症状では筋緊張性の頭痛ですが、手技による血流改善、電気治療器での筋緊張緩和モード、鍼も駆使します。平均的に頭が大きく重い日本人は、頭を支える筋肉が弱く緊張性頭痛になるケースが多いので、頸・肩の筋肉を鍛えたり柔軟性向上のためのストレッチなどの対策が有効です。

腰・背中の痛み

腰・背中の痛み 腰・背中の痛み

環境因子について腰痛に関して着目すると、仕事を変えるのは難しい場合がほとんどかと思います。

ヘルニアやぎっくり腰になったからといって、仕事は変えられないものです。そのため多くの方は繰り返し痛みが出ることになります。
一般的には「休んで安静に」までですが、仕事や生活のサイクルを止めるわけにはいかないため、このような場合は個人因子をいかに解決するかが課題になります。

対策としては、まず痛みを緩和した後、柔軟性の向上や、基本的な筋力の向上を図ることによって、以前より重いものをもっても平気な身体を作ります。ここでは、多少時間がかかっても根気よく治療と肉体の強化を図ることがポイントです。
院長自身、格闘家生活が原因で、ケガだけでなくヘルニアもぎっくり腰も経験済み。「痛みがある=運動しちゃダメ」だけでは、本来の筋力・体力も失われてしまうことを熟知しています。

自律神経失調症・婦人病

最近多い原因は、何といっても、睡眠不足、過労、不摂生、など。
職場でのストレスのみならず、家庭の主婦や、学生・受験生にも広がっています。

治療は、各種の鍼治療 を施します。精神的なものが多く影響するものには、より肉体の深奥にまで直接届く鍼がベター。

タスク鍼灸接骨院・整体院の鍼灸師は全員女性のため、特に女性の方には安心して治療に専念していただけます。

生理痛や頑固な冷え性などについてもぜひご相談ください。
鍼灸治療について詳しくはこちら

加齢に伴う症状

加齢に伴う症状

まず、ご本人に他覚的に高齢化特有の症状を見ていただき、治療によってその都度どんな変化が現れるかを示しながら、目に見える効果を実感していただきながら治療を進めます。

たとえば、膝などでは、初診時の検査で膝の伸展筋力を測り数値を記録。1ヶ月目はこう、2ヶ月目はこう、3ヶ月目はこう、と経過に合わせてメニューを組み立てていきます。

実際、1ヶ月経ったのでちょっと検査してみましょうとなったときに、数値が上がったことが患者様の目に見えると、治癒力がより上がるという効果があります。
たとえば、60代の男性が初期評価では7,80代の筋力でしたが、1ヶ月経った頃には初期の2倍の筋力を発揮し、痛みも解消した例があります。
当院への通院治療と合わせて、毎日5分、10分でなるべく結果を出せるようなホームエクササイズを厳選したその結果でした。当院では、お年寄りの方には「決してあきらめないでください」とお話しています。