院長ブログ

2016年11月14日 月曜日

浜松市の接骨院ブログ 脚の長さが違う!?

こんにちは。
遠州鉄道・浜北駅・美薗中央公園前駅から車で5分
笠井街道沿い・100円ショップレモンより南に50m
脚の長さが違う気がする・骨盤の高さが違うのが気になるという方は
浜松市の鍼灸・接骨院口コミランキング№1のタスク鍼灸接骨院&タスク整体院にお任せください。

院長の松島です。

今回のテーマは
「脚の長さが短くなる原因って???」
正しい知識を覚えよう♪

寛骨(骨盤の前傾・後傾)の脚長差について
皆さんの日常会話でも「脚の長さが微妙に違うかも~??」
よくあるお話しですよね???
左右で脚の長さが違うのはわかった。
でも~なんで?なんで?

気になる脚の長さについて解説していきますね(^^)

キーワードは
「構造的脚長差か機能的脚長差」
簡単に説明しますと、

*構造的脚長差=骨自体が短い、変形している



*機能的脚長差=筋膜や筋のアンバランスによる歪み



*構造的脚長差が起こる場合
一側に先天性股関節脱臼の既往あり
若いころに過度の骨形成を生じさせる損傷の既往あり
大人になってから骨の短縮を生じる外傷性の損傷の既往がある
一側の脛骨に内反や外反がある。

*機能的脚長差が起こる場合
一側の骨盤が前傾する(下肢長が長くなる)
一側の骨盤が後傾する(下肢長が短くなる)
骨盤側方傾斜(高い側が長くなる)
股関節内転筋群あるいは膝屈筋群の拘縮
筋スパズムを伴う股関節・膝関節の異常肢位
一側の凹足(下肢長が長くなる)
一側の過回内(下肢長が短くなる)


難しい言葉ばかりなので写真でお見せしますね。

機能的な脚長差の例

*骨盤のゆがみ


*脚の長さに影響

骨自体が短いのではなく、あくまで歪んでいるので脚が短く見えてしまうとうこと。



いかがでしたか??
脚の長さに違いがある場合は、大きく2つのタイプに分かれること。
そのうちの1つは骨盤に原因があることが多いことがお分かりになっていただけかと思います。
機能的脚長差は整体・骨盤矯正で改善できるので安心してくださいね(^^)

その後のストレッチやエクササイズをしっかりやれば脚長差も起こりにくくなってきますすよ♪

動画で紹介
「骨盤の高さを調整するエクササイズ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 タスク鍼灸接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30