院長ブログ

2016年7月26日 火曜日

浜松市接骨院ブログ O脚・骨盤の拡がりは足元から?

こんにちは

浜松市浜北区の肩こり・腰痛・産後の骨盤矯正なら

骨盤矯正・整体専門の

タスク鍼灸接骨院&タスク整体院

院長の松島ですhappy01

今回のテーマは
『O脚・骨盤の拡がりは足元から?』
でお送りします(^^♪


皆さんは腓骨立ちになっていませんか?
腓骨立ちとは
少趾重心。
いわゆる「腓骨立ち」をすると
そのまま上部まで、外側の筋肉が緊張してきて
自然とO脚となり、骨盤は拡がり
股関節部も外側に張り出してきます。




腓骨立ちを続けると?
O脚の人は必ずと言ってもよい程「腓骨立ち」をしています。
O脚でない人も「腓骨立ち」をしているといずれ必ずO脚になります。
股関節部も横に張り出し、O脚で、少趾側に体重をかけて
立っているのは、見た目もカッコ悪い・おブス・美しくないだけなく、
身体機能も低下していきます。

腓骨立ちを改善するには?
リハビリ、アスリートに関係なく
長年使い慣れた身体の使い方を短い時間の治療やリハビリで変えるというのは難しいものです。
お客様に合った通院計画を提案し、身体に良い状態を定着させていけば
骨盤の拡がりもO脚も改善されてくるでしょう。

当院で施術する場合、理想は全身の調整ですが、価格もあがるので
基本的なご提案では骨盤~足部の調整をします。

さらにシンプルのものだと
拇趾の整復(関節矯正)で重心を拇趾に移行し、さらに正しい位置でテーピング。
新しい身体の使い方を身体に覚えさせていきます。

骨盤の拡がりやO脚改善の方法や手段は多くあると思いますので
これが正解というわけではありませんが、日ごろの習慣が大切なのは間違いないと思います(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 タスク鍼灸接骨院

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31